あらすじ

フリーライターの耶雲は、小林が働く出版社に一つの事件の記事を持ち込みます。

その事件はカメラマンである木原坂のモデルであった目の不自由な女性が焼死したというものでした。

木原坂は火事を知った時にはもう助けられない状況だったと話し、過失致死傷ということでその事件はすでに裁判も終えていたため出版社の反応は良くありませんでしたが、耶雲は、女性が焼かれている時の写真があると言い、出版社に訴えます。

しかしその写真が世に出ているわけではないので、今の状態では記事にできないとし、出版社のサポートで耶雲は木原坂に取材を試みることになりました。

耶雲が木原坂に申し入れた取材が受け入れられ、耶雲は木原坂に近づいて真相を探っていきます。

木原坂も耶雲に興味があるのか、耶雲のプライベートについて聞き出そうとします。

耶雲は取材すればするほど木原坂の怪しさにはまっていきますが、小林は耶雲に再三深入りしないよう注意をします。

しかし耶雲は、木原坂本人だけでなく木原と強い絆で結ばれている姉の朱里や周囲の人への取材も行います。

そして取材を続けていく中で、木原坂姉妹は幼い頃父親から虐待されており、その父親が刺殺されているという事実を知るのです。

一方、耶雲は自身の結婚が控えていました。

しかし、この事件の取材に集中したいからと結婚に積極的ではなく、結婚式を待ちわびている婚約者である百合子との関係に溝がうまれてしまいます。

そんな耶雲と百合子のやり取りを隠れてみる木原坂は、百合子に接触を図ります。

そんな中、百合子が行方不明になってしまいました。耶雲は木原坂が監禁していると疑い木原坂の元へ向かいますが、木原坂は百合子本人の意思でここにいるといい百合子がモデルになっていることを伝えます。

警察も取り合ってくれないため、木原坂は一人で必死で百合子を取り返そうとします。

そんな中再び火事が起こり、百合子が亡くなったと耶雲知ります。

耶雲を心配する小林、真実にたどり着く耶雲、意外な結末が待っています。

キャスト

主なキャストは
耶雲恭介訳の岩田剛典、
木原坂雄大役の斎藤工、
小林良樹役の北村一輝、
松田百合子役の山本美月、
木原坂朱里役の浅見れいな、
吉岡亜希子役の土村芳です。

見どころ

キャストの演技力は当然見どころの一つではありますが、最後の最後まで真実がわからない、複雑な人間関係と過去と現在が行き交うストーリーも目が離せません。

父親を殺した犯人は誰なのか、亜希子の死は本当に事故なのか、百合子はどうなってしまうのか、耶雲の目的は何なのか、新たな謎が次々に出てきます。

いったい誰を信じればいいのか、何が本当なのか、謎が謎を呼ぶスリリングな映画です。

無料動画が見れる配信サービス

U-NEXT
配信(レンタル作品)
備考
無料登録で600PT貰えるのでポイントを使って無料で見れます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式ページ 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら