映画「の・ようなもの のようなもの」は、2016年1月16日に劇場公開された杉山泰一監督によるコメディードラマになっております。

元になっているのは若き日の森田芳光監督が1981年に発表した「の・ようなもの」になり、35年の月日が流れた世界が新旧のキャラクターを織り交ぜながら映し出されていきます。

あらすじ

出船亭志ん田は大学卒業後にプログラマーとして就職しながらも、30才を前に落語家へと転身した変わり種でした。

融通が利かない性格が災いして、いまだに師匠・志ん米の谷中の家に住み込みで修行中の身です。

志ん米の師匠・志ん扇の十三回忌が迫る中で、一門のスポンサーを務めている斉藤会長のご機嫌を損ねてしまいました。

彼女が兼ねてから可愛がっていて現在では行方不明となってしまった志ん魚を呼び戻すため、志ん田は捜索を開始します。

故郷の日光にも元妻の実家にも顔を出していない志ん魚ですが、意外にも近くにいることが判明します。

再び円座に引っ張り出そうとする志ん米たちに、志ん魚は落語を辞めた本当の理由を打ち明けるのでした。

キャスト

主人公の冴えない前座落語家・出船亭志ん田には、松山ケンイチのイメージがピッタリとはまっています。

北川景子が演じている師匠・出船亭志ん米の娘さんの夕美に仄かな思いを抱きながらも、一向に進展することのないふたりの関係性には心温まるものがありました。

前作の出船亭志ん魚役では若干23歳にして映画初主演を果たした伊藤克信が、35年の時を越えた本作品の中でも相も変わらない飄々とした佇まいを見せていて安心させられました。

森田監督の「間宮兄弟」でW主演を務めている佐々木蔵之介や塚地武雅、「悲しい色やねん」での名演技が忘れ難い仲村トオル等豪華メンバーが意外なシーンでゲスト出演していて味わい深かったです。

見どころ

同じ屋根の下で暮らしを送りながらも、志ん田と夕美の前に横たわっている微妙な距離感が印象深かったです。

定職に就くこともなくブラブラとしている夕美が思わず志ん田に対して溢す、「志ん田には夢中になれるものがあるから羨ましい」というセリフが心に残りました。

好きなだけではやっていくことが出来ない、落語の世界の世知辛い舞台裏も描かれていて考えさせられます。

落語家として人間としても中途半端だった志ん田が、初めて自分自身の芸と大切な人の存在に向き合って成長していく姿には胸を打たれました。

仕事にも気になる異性との関係にも今一歩踏み込んでいけない皆さんには、是非とも鑑賞して頂きたい作品になっています。

無料動画が見れる配信サービス

U-NEXT
配信(見放題作品)
備考
登録日から31日間無料で見る事が出来ます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式ページ 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら