「探偵はBARにいる3」は、2017年12月1日に劇場公開された吉田照幸監督のミステリードラマです。

原作は東直己による推理小説になり、実写版の第3弾作品になっております。

前作まで監督を務めた橋本一に変わって、新たにNHKエンタープライズでエグゼクティブプロデューサーも担当している演出家が監督に抜擢されています。

あらすじ

北海道札幌市の歓楽街すすきので、「俺」は相棒の高田と共に探偵稼業を営んでいました。

今回の依頼は高田の大学時代の後輩に当たる原田誠から持ち込まれたもので、失踪中の恋人・諏訪麗子の居所を突き止めることです。

麗子は大学に通う合間にモデル事務所でアルバイトをしていましたが、探偵たちの捜査によって徐々に事務所の裏稼業が明らかになっていきました。

オーナの岬マリは地元の反社会的勢力とも深い繋がりを持っていて、更には探偵との因縁浅からぬ過去も浮かび上がっていきます。

事件の背後には違法な薬物の取引も関わっていたために、探偵と高田はすすきのを陰で支配する北城仁也の逆鱗に触れてしまいました。

真実に近づくにつれ探偵は生命の危機に晒されていきますが、恐れを知らずに反撃を開始していくのでした。

キャスト

シリーズ3作目になりますが、探偵役の大泉洋と高田を演じている松田龍平の掛け合いはマンネリ化することがありません。

毎回ヒロインが変わっていくのが本作品の醍醐味でもあり、今回は北川景子がモデルクラブ「ピュアハート」のオーナー・岬マリに扮しています。

リリー・フランキーや松重豊を始めとする強面の俳優たちが、裏社会に生きる男たちを迫力満点に熱演していました。

北海道日本ハムファイターズの監督である栗山英樹や札幌市長の秋元克広が本人役でカメオ出演するなど、ご当地映画としての遊び心も満載になっています。

見どころ

行方不明になった女子大生を探すありきたりな始まりから、次第に加速していく展開へと惹き込まれていきます。

一見するとバラバラに見えていたエピソードが、時折交錯していく様子がスリリングな味わいです。

探偵の過去を知る岬マリの、単純な善悪二元論では捉えることが出来ないキャラクターがミステリアスな魅力を醸し出しています。

相も変らぬように思えていた探偵と高田の間にも、微妙な距離感が生まれていくのが伝わってきます。

ふたりの名コンビが今後も継続するのかは、クライマックスシーンを見て判断して頂きたいです。

無料視聴できる動画配信サービス

U-NEXT
配信(レンタル作品)
備考
無料登録で600PT貰えるのでポイントを使って無料で見れます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式ページ 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら