デトロイトのあらすじ

実際に1967年に起きたアルジェ・モーテル事件、12番街暴動に基づき製作された衝撃の映画が『デトロイト』です。

1967年7月23日、デトロイトでは警察隊を相手にアフリカ系アメリカ人たちを中心に暴動が起こりました。

権力や社会に対する黒人たちの不満がついに爆発した、俗にいう12番街暴動です。

コック人差別主義者のフィリップ・クラウス刑事が、非武装状態であった黒人少年レオンを撃ち殺すも罪に問われることなく暴動の鎮静化をするために仕事を続けていました。

暴動が続く3日目の夜、アルジェ・モーテルでカール・クーパーが悪ふざけで警官隊に向けて空砲を撃ちます。

狙撃されたと考えたクラウス刑事率いる警官隊はモーテルへと向かいます。

そこでクラウス刑事は現場から逃げようとしたカールをまたもや射殺、正当防衛を演出するために死体のそばにナイフを置き偽装を行いました。

狙撃犯を探すため、クラウス刑事はモーテルの宿泊客達を容疑者として、尋問を開始するも狙撃銃など出てくるはずもなかったのです。

焦ったクラウス刑事と他の白人警官達は定められた捜査手順を無視し、宿泊客達の脅迫を始めました。

緊迫した状況の中、コントロールを失ったクラウス刑事の脅迫は限度を超え、宿泊客達への虐待が始まります。

歯止めの効かなくなったクラウス刑事はついにオーブリー・ポラード、フレド・テンプルを射殺してしまうのでした。

暴動は鎮圧され、アルジェ・モーテルで起きた3件の殺人事件は明るみに出ました。

クラウス刑事らは逮捕され裁判にかけられるも白人ばかりの陪審員による裁判で、始めから黒人にとって難しい裁判であることは明らかでした。

結果、無抵抗な一般市民3人を銃殺したにも関わらずクラウス刑事らは無罪という判決が下ったのでした。

デトロイトのキャスト

(ディスミュークス)ジョン・ボイエガ

(クラウス)ウィル・ポールター

(ラリー)アルジー・スミス

(カール)ジェイソン・ミッチェル

(デメンズ)ジャック・レイナー

(フリン)ベン・オトゥール

(ロバーツ准尉)オースティン・エベール

(フレッド)ジェイコブ・ラティモア

(ジュリー)ハンナ・マリー

(カレン)ケイトリン・デヴァー

デトロイトの見どころ

人種差別の残忍さ、恐ろしさを徹底的に描ききった『デトロイト』

銃声、悲鳴、怒鳴り声、息遣い、全てがまるで本当に眼の前で起こっているように臨場感があります。

強烈な映像体験、まさに音の暴力です。

生々しい手触り感たっぷりのカメラワークによって臨場感と緊張感が増幅し、手に汗握ることは間違いなしです。

日本人には馴染みが薄い黒人社会と白人社会の差別から起きた衝撃的な事件が元になっているだけあり本当に凄惨なストーリーとなっています。

同じ人間同士でなぜ争うのか、肌の色はそんなに意味を持つのか、深く考えさせられる1本です。

無料動画が見れる配信サービス

U-NEXT
配信(レンタル作品)
備考
無料登録で600PT貰えるのでポイントを使って無料で見れます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式ページ 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら