あらすじ

主人公・鈴原奈緒は、30歳半ばの女性。

恋人もおらず独身。室蘭の大学で、渡り鳥の研究に励んでいました。

しかし突然大学の研究室が閉鎖されてしまい、仕方なく小学校の理科の先生になることに。

そこで出会ったのが、道木怜南という少女。

幼いのにどこか大人びていて、不思議な雰囲気を持つ少女でした。

ある日、奈緒は怜南の体にあざがあることに気が付きます。

怜南は虐待されていたのです。

奈緒は、見て見ぬふりをしようとしますが、ある事件をきっかけに怜南を「誘拐する」ことを決意するのです。

母性とは何か。女性が女として生きていくとはどういうことなのか。考えさせられるストーリーです。

キャスト

松雪泰子(鈴原 奈緒)
渡り鳥の研究者だったが、研究室の閉鎖で小学校の教師になる。

無愛想で、子どもが苦手な性格。

人に興味がない彼女だったが、怜南が虐待を受けていることに気づき、誘拐を決意。

怜南と一緒に過ごす中で、献身的な愛情を注ぐようになる。

芦田愛菜(道木 怜南《鈴原 継美》)
小学生だが、どこか大人を見透かすような発言をする。

学校では、「不思議な子」と思われ、教師たちもどこか距離を取っていた。

実は親から虐待を受けており、奈緒に誘拐されて一緒に過ごすようになる。

尾野真千子(道木 仁美)
怜南の母親。シングルマザーとして怜奈を育てている。

シングルマザーとしての重圧や、育児のストレスから怜南を虐待してしまう。

山本耕史(藤吉 駿輔)
雑誌記者。鋭い観察眼の持ち主で、怜奈の行方不明後に母親の仁美が全く悲しんでいないことを一瞬で見抜く。

奈緒と面識があり、怜南の事件を取材する中で奈緒が関わっていることに気づいて口止め料を要求する。

見どころ

芦田愛菜ちゃんの出世作ともいえるこの作品。

とにかく彼女の演技が必見です。

この作品の時、彼女はまだ5歳。

7歳からしか受けられないオーディションだったため、1度は落選してしまいました。

しかしダメもとで、と受けさせてもらい、見事役を勝ち取ったのです。

確かに5歳とは全く思えない迫真の演技で、虐待されている姿は心が痛くなります。

そして、物語の終盤、奈緒と別れることになってしまう時の演技には号泣させられました。

また、実の母親である仁美と、偽の母親である奈緒の対照的な存在も必見。

どちらの気持ちも分かり感情移入してしまいます。

母親になるとはどういうことなのか。

母親として強く生きていくにはどうしたら良いのか。

女性にとって、深く考えさせられるテーマです。

無料動画が見れる配信サービス

U-NEXT
配信(見放題作品)
備考
登録日から31日間無料で見る事が出来ます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式ページ 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら