あらすじ

映画デッドプールはマーベルコミックスを実写化したスーパーヒーローコメディ映画です。

アメリカ合衆国、ニューヨークでチンピラの様に何でも屋をしながらその日暮らしをしているウェイド・ウィルソンは、ある日行き着けのバーで高級娼婦のヴァネッサと運命的に出会い、趣味嗜好がぴったりな2人はやがて愛し合う様になりました。

クリスマスに結婚指輪持ってプロポーズをした時突然ウェイドが意識不明になってしまいます。

病院に運ばれた結果末期がんと診断されました。

ウェイドは自暴自棄になり酒浸りの毎日を過ごす中、行きつけのバーで知り合った男から極秘の人体実験の話を聞きます。

成功すればガンの治療もでき、完治するかも知れないと誘われ人体実験の被験者となることを決意しヴァネッサの前から姿を消しました。

人体実験の為施設に行ったウェイドはフランシス・フリーマンから「ヒーリング・ファクター」と呼ばれる物質を投与されてしまいます。

ウェイドは体内に入った「ヒーリング・ファクター」と彼の遺伝子を活性化させる為にさまざまな拷問を受ける事になりました。

過酷な実験の末にウェイドは驚異的な回復力、不死身の体を手に入れるがそれと引き換えに彼の体は焼けただれた様な醜い姿に変わってしまいました。

なんとか施設から逃げ出す為故意に火事を起こしたウェイド、脱出は成功したが自分の体の現状を見て絶望します。

ガンが完治したらヴァネッサに会いに行き幸せに暮らす筈だったのに、今の醜い姿ではヴァネッサは自分を受け入れてはくれないだろうと盲目の老婆アルの家に居候を始めるのです。

ウェイドは元どおりの体になる為にフランシスと彼につながりのある組織を襲撃し始めます。

赤いコスチュームを自作し、酒場などで行われている生死を賭けた闘い「死の賭け(Dead Pool)」から取った名前を名乗りはじめます。

度重なる襲撃の末、フランシスはデッドプールが人体実験の被験者だったウェイド・ウィルソンだと突き止めました。

ヴァネッサがデッドプールの弱点だと知っていたフランシスは彼女を誘拐。

デッドプールは1人での解決は無理だと判断して「恵まれし子らの学園」のコロッサスとネガソニックの協力を得る事にします。

チームで戦いフランシスを追いつめ元の体に戻る方法を問いただすもフランシスは「元通りにする方法などない」と言い放ちました。

全てが嘘だった事を知ったデッドプールはフランシスを射殺してしまいました。

壮絶な復讐劇のあとにデッドプールはヴァネッサに自身の姿を見せます。

ヴァネッサは今の姿のウェイドを受け入れ、ハッピーエンドで映画は幕を閉じます。

キャスト

監督:ティム・ミラー
今まで監督したのは短編2編のみ、デッドプールは初の長編映画監督作品です。

デッドプール役:ライアン・レイノルズ
カナダ出身の俳優、既に他のX-MENシリーズにてデッドプールを演じています。

ヴァネッサ役:モリーナ・バッカリン

アジャックス役:エド・スクライン

ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド役:ブリアナ・ヒルデブランド
新人女優です。

エンジェル・ダスト役:ジーナ・カラーノ
格闘家で女優です。

ウィーゼル役:T・J・ミラー

見どころ

第四の壁とは、演劇、漫画、映画作品等で観客側と役者側に存在する概念的な壁を指します。

今までの映画であれば観客と役者側には絶対的な壁があり、ソリを乗り越えるような行為はされていませんでした。

しかしデッドプールではその壁を簡単に壊してくれました。

冒頭そうそうからデッドプールはスクリーン越しに観客に話しかけてきます。

なんだったらストーリーの進行を親切丁寧に説明してくれます。

投げ掛けられるウィンク、優しく話しかけてくるデッドプールを友人と勘違いしてしまいそうなほどに近くに感じることができます。

デッドプールは今までのアメコミのでは考えられないほど過激な演出が多いです。

なんてったってR指定です。

ウェイドとヴァネッサの濃厚なシーンもあります。

ヒーローがそんなことしてるところ子供達には見せられません。

またバイオレンスシーンも盛り沢山です。

スーパーヒーローのデッドプールですが、敵には全く容赦がありません。

いとも簡単に、清々しいほどのテンポで殺して行きます。

映画の最後に見逃せないシーンも入っているので、エンドロールが始まっても席を立たないように注意してください!

無料動画が見れる配信サービス

U-NEXT
配信(見放題作品)
備考
登録日から31日間無料で見る事が出来ます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式ページ 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら