あらすじ

主人公ショーンが日本に来るまで

アメリカのアリゾナに住んでいる主人公の高校生ショーンは、ストリートレースで大事故を起こしてしまいます。

それまでも、ストリートレースで騒ぎを起こしていたショーンは、その一件で母親からも愛想をつかされ、日本の東京の米軍基地に勤務している父親の元で暮らすように言われてしまいました。

そんなショーンは日本の高校に通う事になりますが、同級生のトゥインキーに誘われ、夜の立体駐車場でのドリフトバトルを見に行き、そこでドリフトキング(D・K)と呼ばれるタカシを目にします。

ショーンは無謀にもタカシの仲間のハンから車を借りてタカシにドリフトバトルを挑むものの、車を損傷させた上に惨敗してしまいました。

しかし、ショーンの才能に気付いたハンによってショーンは新たな車を与えられ、ハンの指導のもとドリフトの練習をはじめるのでした。

ショーンとタカシとの因縁

一方で、暴力団に属するタカシは、暴力団組長のカマタから上納金が滞っている事を問い詰められ、それがハンによる仕業であると気づきます。

そして、タカシはハンとショーンに襲い掛かり、東京の渋谷でカーチェイスを繰り広げ、ハンは事故で亡くなり、ショーンも命を狙われてしまう事になります。

ショーンはカマタの元へ行き、上納金を返済し謝罪をすると同時に、タカシとストリートレースを行い、負けた方が街を去るという条件のもと、再びタカシに勝負を挑むのでした。

キャスト

ショーン・ボズウェル役:ルーカス・ブラック

トゥインキー役:バウ・ワウ

D・K(タカシ)役:ブライアン・ティー

ハン役:サン・カン

カマタ組長役:千葉真一

ショーンの父役:ブライアン・グッドマン

ショーンの母役:リンダ・ボイド

ドミニク・トレット役:ヴィン・ディーゼル

見どころ

本作品はどういう作品なのか

本作「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」は、日本の東京でのストリートレースを描いたカーアクション映画です。

そこには、他のシリーズと同様に様々な車が登場し、東京を舞台にド派手はストリートレースが繰り広げられます。

そして、本作最大の見所は、渋谷のスクランブル交差点でのカーチェイスです。

このシーンは、大勢の人が行き交う交差点にタカシに追われたショーンが突っ込むというまさにド迫力のシーンなのですが、もちろん本当にやっているわけでなく、CG合成で撮影されています。

しかし、そうとわかっていてもこのシーンの迫力は必見だといえるでしょう。

一方で、日本の警察は、180キロ以上では追いつかないために、追ってもこないといったように、日本に対する外国人の認識の違いでの突っ込みどころもチラホラ出てきますが、そこは、ド派手なカーアクションと同様、細かい事は気にせずに楽しんで観てください。

バラエティに富んだ出演者たち

本作は、従来のシリーズとはやや異なり、題にもあるようにドリフト走行に重きを置いているのが特徴で、カースタントにはプロレーサーで本物のドリフトキング、土屋圭市氏も参加しています。

おまけに、作中でもちょっとだけ出演し、ショーンのドリフト練習の際、実際の走行は見ずとも、タイヤの音だけでブレーキのタイミングのズレをボヤく釣り人役を演じています。

この他にも、高校教師の柴田理恵さんやゴスロリファッションの中川翔子さん、立体駐車場でスターター役をしている妻夫木聡さんなど、バラエティに富んだ方々が出演していますので、この点も見所だといえます。

また、本シリーズの従来の主人公であるドミニクも本作最後に登場。

D・Kを破り、2代目D・Kとなった本作の主人公、ショーンとストリートレースを始めるシーンで本作は幕を閉じます。

ドリフト走行の奥深さがしっかりと描かれている

従来のカーアクション映画は、とにかく大排気量、高性能エンジンを搭載した車が限界に近いスピードを出してバトルを繰り広げますが、本作では、マシンパワーよりもドリフトテクニックの奥深さが表現されています。

ドリフト走行はただ車を滑らせるのではなく、そのマシンを自在にコントロールするテクニックが必要とされ、本作においては立体駐車場でのバトルや、峠でのスタントチームによるドリフトシーンは、まさにマシンコントロールの極致であるといえるでしょう。

ですので、本作は、ただのハイパワーマシンのカーチェイスではなく、ドリフトもののカーアクション作品としての出来は素晴らしいものだといえます。

無料動画が見れる配信サービス

U-NEXT
配信(見放題作品)
備考
登録日から31日間無料で見る事が出来ます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式ページ 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら