映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」は、2017年の12月16日に劇場公開された瀬々敬久監督によるヒューマンドラマになっております。

元になっているのはノンフィクション書籍「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたら」になり、佐藤健の主演によって映像化されています。

あらすじ

西澤尚志とその恋人である中原麻衣は順調に交際を重ねていき、やがては結婚を誓い合う関係を築き上げていきます。

結婚式が間近に迫っているある日のこと、突如として麻衣は病に倒れて意識不明の重体へと陥ってしまいました。

麻衣の両親には反対されてしまい周囲の人たちからの無理解に苦しみながらも、尚志は婚約者の回復をただひたすらに祈りながら待ち続けていきます。

長い年月を経て遂に麻衣は意識を取り戻しますが、重度の後遺症により過去の記憶ばかりではなく婚約者である尚志のことでさえ認識することができません。

懸命のリハビリ生活と献身的な尚志のサポートによって、次第に麻衣の肉体的な機能には回復の兆しが見え始めていきます。

その一方ではふたりの楽しかった日々や数多くの大切な思い出を、麻衣はなかなか取り戻すことができません。

そんなある日のことスマートフォンに残されていたある画像を見ることによって、麻衣の内面に劇的な変化が湧いていくのでした。

キャスト

土屋太鳳が演じているヒロインの中原麻衣の、オープニングショットで映し出されていく写メの中の虚ろな表情には印象深いものがありました。

療養中の無機質な麻衣と退院後の生気に満ち溢れていく姿とのコントラストを、多彩に演じ分けているのも良かったです。

眠り続けている婚約者を見舞う西澤尚志に扮した佐藤健の、気負ったところのない自然体な振る舞いにも共感できました。

杉本哲太や薬師丸ひろ子を始めとする、ベテラン俳優たちの淡々とした語り口や静かな佇まいもリアリティーがありました。

見どころ

目覚めるまでの苦労話で終わることなく、目覚めた後の試練も描き出されていくところが感動的でした。

リハビリ中の麻衣と彼女に寄り添っている尚志の、ぎこちない会話のシーンや微妙な距離感には胸が痛みました。

尚志にとっては持続していた時間が、麻衣にとってはすっぽりと抜け落ちていることが伝わってきました。

ふたりの間に横たわっている大きな空白を、スマートフォンが埋め合わせていくシーンが圧巻でした。

ありきたりなメロドラマやお涙頂戴の難病ものが苦手な方たちにも、是非とも見て頂きたい1本だと思います。

無料動画が見れる配信サービス

U-NEXT
配信(レンタル作品)
備考
無料登録で600PT貰えるのでポイントを使って無料で見れます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式ページ 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら