あらすじ

アフリカ中央部に位置する小さな国・ワカンダ。

この国は外部からその存在を隠し、もう何百年以上も国を閉ざしてきた。

ワカンダが超文明国家にまで発展したのは万能レアメタル「ヴィブラニウム」があったからこそである。

ヴィブラニウムはダイヤモンドよりも硬く、ウランをはるかに超えるエネルギーを持ちワカンダに平和と繁栄をもたらした。

歴代の王たちはヴィブラニウムを悪用されないよう、ワカンダ自体の存在を隠してきたのだ。

国王ティ・チャカがアベンジャーズの分裂を企図したジモによって、爆弾テロで暗殺されたことによりわかんだの状況が変わる。

ティ・チャカの息子、ティ・チャラは、亡き父の跡を継ぐためにワカンダの4つの部族長の承認を求めたが、ジャバリ族の族長が異議を申し立てた。

ジャバリ族・族長エムバクを血統で倒したことにより王位継承を認めらた。

ティ・チャラは、儀式の中でヴィブラニウムを含む植物の液を飲み超人的な能力を手に入れ、「ブラックパンサー」として国を守護する。

とどこおりなく王座を継いだかのように見えたが、その頃からワカンダには不穏な動きが伝わり始める。

闇の武器商人ユリシーズ・クロウとワカンダに恨みを抱く元アメリカ軍の黒人兵士エリック・キルモンガーが、イギリスの博物館でヴィブラニウムを使用して作られた斧を盗みだしたのだ。

ティ・チャラ達はユリシーズ・クロウを捉えようとするが任務は失敗。

しかしその後、そのユリシーズ・クロウはエリック・キルモンガーに射殺される。

エリック・キルモンガーはクロウの死体を手土産にワカンダ王国へやってきた、彼の本名はエリック・スティーブン、先代王ティ・チャカの実弟ウンジョブの一人息子だったのだ。

キルモンガーの出生と野望、先代王ティ・チャカが隠してきた暗い過去がワカンダ王国を大きく揺さぶる。

キャスト

ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)

エリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)

ナキア(ルピタ・ニョンゴ)

オコエ(ダナイ・グリラ)

エヴェレット・ロス(マーティン・フリーマン)

シュリ(レティーシャ・ライト)

ユリシーズ・クロウ(アンディ・サーキス)

見どころ

黒人であるライアン・クーグラーが脚本・監督を務めた「ブラックパンサー」

主人公を含めたほとんどのキャストがアフリカ出身という設定の異例の映画です。

今までヒーロー映画といえば白人が主役、舞台はアメリカというものばかりでしたが、今回は黒人が主役、舞台はまさかのアフリカです。

現代社会の人種差別など実際の問題を払拭するかのように登場した異例の黒人ヒーロー。

これだけでも意味のある映画ではないだろうか。

舞台となる超文明国家我がんだもとても魅力的だ、アフリカの部族的なデザインと最新科学技術のかっこよさがミックスされた映像はとても美しい。

各部族の衣装デザインも工夫が凝らされておりカラフルな色使いから目が離せない。

マーベルで黒人ヒーローブラックパンサー是非見て欲しい1本です。

無料動画が見れる配信サービス

U-NEXT
配信(レンタル作品)
備考
無料登録で600PT貰えるのでポイントを使って無料で見れます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式ページ 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら