あらすじ

主人公アダム(ディーネシュ・サーラズ)は電車の中で、物乞いをするホームレスにフランスパンをめぐむ。

移動してパンを食べるホームレス。

アダムの手の甲にはナジックペンで無限大マーク(∞)が書いてある。

アダムはアンプルの密売人。

次の仕事を最後にボスのデシューを裏切り、彼女のアンナ(ドリナ・マルティノヴィチ)と大量のアンプルと共に遠くに逃げようとしていた。

しかし、アンナの妊娠が発覚。

アダムの父は産婦人科医で、父の元へ行って中絶手術をするようにアンナに指示する。

抵抗するアンナだったが、最後には説得されて中絶をすることに。

デシューから金とブツを受け取ったアダムは、自室でアンナ向けのビデオメッセージを録画する。

このまま金と薬を持って逃げ出し、どこかでアンナと合流するつもりだった。

しかし、飛行機のチケットがないことに気付く。

アンナが持って行ってしまったと考えたアダムは彼女を追いかける。

街中でアンナとぶつかり、チケットのことを問いただすがアンナの様子がおかしい。

「何故、生きているの!?目の前で死んだところを見たのに!」

死んだと思っていたアダムが生きていたことに喜ぶアンナだが、アダムは何のことだか理解ができない。

そして口論の末、アナは道路に飛び出してしまい、車に轢かれて死んでしまう。

動揺を隠せず、その場を逃げ出したアダムは父親のいる病院に向かう。

父に車を借り、アンナが死んだ現場へと再び向かう。そこで、謎のビデオテープを見つけた彼は、アパートに戻り再生。

そこにはデシューが死んだはずのアンナを連れて部屋に押し入り、自分を殺すシーンが映し出される。

数々のおかしな現象を前に、次第に自身がタイムループに巻き込まれていることに気付き始めるアダム。

果たして、アダムはこの無限のタイムループから抜け出しアンナを救い出すことが出来るのか。

キャスト

アダム(ディーネシュ・サーラズ)

アンナ(ドリナ・マルティノヴィチ)

デジュー(ジョルト・アンゲル)

見どころ

王道のタイムループ映画ですが、今までのものとは少し設定が違う映画です。

同じ時間軸の中で主人公が何度も(何人も)違う行動を取るので、よくよく見ていないと、今が何人目でどうなっているのか置いていかれてしまいます。

また、ループするタイミングも不規則です。

まさに神のみぞ知るといった感じで、不条理にループする時間軸の中で翻弄される主人公。

どうすればループから抜け出すことができるのか、アンナを救うことができるのか。

また、ループを繰り返すたびに主人公が人間的に成長していく過程も見所です。

男として、父親としてアダムがアンナを救おうと奮闘するところはちょっと感動してしまいました。

ラストの不吉さも秀逸でした。

ループは本当に終わったのか。

冒頭のシーンはどんな意味を持っていたのか、もう一度見たくなるはず。

無料動画が見れる配信サービス

U-NEXT
配信(見放題作品)
備考
登録日から31日間無料で見る事が出来ます。
月額料金
1,990円(実質790円)毎月1200ポイント付与
作品数 12万
無料期間 31日間
公式ページ 無料お試しはこちら
詳細ページ 詳細ページはこちら